穏やかな気持ちになれる絵画や立体作品集める 猪苗代で企画展

 
関口さんが制作した大型の立体作品

 ほっと一息つけて穏やかな気持ちになれるような絵画や立体、映像作品などを集めた企画展「やわらかくなってみる」が、猪苗代町のはじまりの美術館で開かれている。

 展示では7組の出展作家による表現や取り組みを紹介。展示室の奥には新聞紙と粘着テープを素材に作品を制作する美術家関口光太郎さんの大型作品も展示されている。

 会場には作品に合わせた体験コーナーもある。10月24日まで。時間は午前10時~午後6時。火曜日休館。一般500円、65歳以上250円、高校生以下と障害者手帳を持っている人は無料。問い合わせは同美術館(電話0242・62・3454)へ。