満天の星感じてヨガ 裏磐梯、ワーケーションリゾート事業の一環

 
クリアドームテントでヨガを楽しむ参加者

 旅先で働く「ワーケーション」滞在中の健康増進プログラムとして、北塩原村の裏磐梯グランデコ東急ホテルは18、19の両日、敷地内の屋外で夜空を眺めながらヨガを楽しむ「星空ヨガ」を行った。

 裏磐梯観光活性化協議会による「ワーケーションリゾート・裏磐梯」事業の一環。標高千メートルを超える場所で、満天の星を感じながら心身を整えてもらおうと企画した。

 専門インストラクターが天体の動きに合わせて星座の形をポーズに取り入れるオリジナルのヨガを考案。180度透明な「クリアドームテント」も導入し、参加者は星空をゆっくり眺めながらヨガを楽しんだ。

 関連イベントの「早朝ヨガ」は19、20の両日、同ホテルと諸橋近代美術館の庭園で開かれた。

 今後は25日午後8時から星空ヨガ、26日午前7時からは早朝ヨガが同ホテルで開かれる。予約制で参加料は1人2千円。雨天中止。申し込み、問い合わせは同ホテル(電話0241・32・3200)へ。