認知症啓発へ「オレンジの光」輝く 福島の鉄塔がライトアップ

 
世界アルツハイマーデーに合わせ、オレンジ色にライトアップされた福島電力センター鉄塔=21日午後7時20分ごろ、福島市

 21日の「世界アルツハイマーデー」に合わせ、福島市の東北電力ネットワーク福島電力センター鉄塔が同日夜、認知症啓発のシンボルカラーであるオレンジ色にライトアップされた。

 医療や介護などを通じて認知症患者を支援する市内の関係機関でつくる「ふくふくオレンジフェスタ実行委員会」が主催した。

 実行委は今後も認知症への関心を高めるための活動を展開する。22日~10月6日に福島市立図書館で認知症関連の書籍を展示するほか、年内に開設するホームページで認知症サポート医師による講義を配信する。