吾妻・安達太良連峰走破 10月末まで、自転車の「サイクルボール」

 
本県を巡るコース「ふくいち」に含まれている「磐梯吾妻スカイライン」

 サイクリングアプリ「ツール・ド」を使い日本各地の1周コースを自転車で走るイベント「サイクルボール シーズン2」が来年1月末まで、全国各地で繰り広げられている。本県は「磐梯吾妻スカイライン」など福島、二本松両市の名所を巡る約110キロコースが選定されており、期間は10月末まで。参加無料。

 本県以外のコースは宮城県石巻市、新潟県の佐渡島、茨城県の霞ケ浦、静岡県の伊豆半島や富士山、滋賀県の琵琶湖、兵庫県淡路島、和歌山県、熊本県阿蘇市など。コースを走破すると証しの「サイクルボール」がアプリ上でもらえ、その数や組み合わせによって多彩な商品やサービスの特典が受けられる。

 本県のコースは「ふくいち」と名付けられ、福島、相馬、二本松、伊達の4市でつくる協議会(事務局・福島市)が協力。飯坂温泉観光協会(福島市飯坂町)を発着点に、吾妻・安達太良連峰の大自然を走り抜け、温泉や果物の魅力にも触れることができる。詳細は「サイクルボール」の公式ウェブサイトで。