郡山市が「短縮授業」継続へ まん延防止解除後、10月3日まで

 

 郡山市は新型コロナウイルス感染拡大に伴うまん延防止等重点措置が解除される24日以降も、市立小中学校の授業時間5分短縮を継続する。期間は10月3日まで。部活動は平日1時間以内を続け、休日は2時間程度に拡大する。練習試合もできるようになる。

 市が22日に開いた感染症対策本部会議で明らかにした。重点措置解除に伴い、24日~10月3日を対策移行期間とする県教委からの通知に合わせて決めた。授業間の休み時間を5分増やし、十分な換気やトイレの密回避などにつなげる。