喜多方移住後の生活表現... 日本画家川合南菜子さん 来月展示会

 
川合さんが描いた作品

 喜多方市の日本画家川合菜子さんの展示会「川合菜子展~くらしの探索記」は10月9日から同17日まで、同市の画廊星醫院で開かれる。喜多方市と縁のある芸術家を支援する芸術団体「新北方美術倶楽部」の主催。

 川合さんは東北芸術工科大(山形県)在学中に作品を制作するために何度も喜多方市を訪問、蔵を擬人化した作品を多数描いた。卒業後は喜多方市に住み、会社員と画家として活動している。

 展示会では、川合さんが「自分の目指すくらしとは何か」をテーマに、移住後の生活や、人との出会いを表現した作品を展示する。