最高賞に若松・矢作さん 猪苗代サマーフォトコン2021

 
最高賞の町長賞に輝いた矢作さんの「紫陽花と共に」

 猪苗代観光協会は17日、猪苗代町役場で「猪苗代サマーフォトコンテスト2021」の審査会を開き、最高賞の町長賞に天鏡閣を撮影した矢作祥子さん(会津若松市)の「紫陽花と共に」を選んだ。福島民友新聞社賞には高橋健二さん(仙台市)の「静寂の空間」が選ばれた。

 福島民友新聞社などの協賛。町内で見つけた夏をテーマに作品を募り、県内外から202点が寄せられた。

 ほかの入賞者次の通り。
 町議会議長賞=中村公二男(富山県)▽猪苗代観光協会長賞=遠藤貴司(磐梯町)▽町商工会長賞=千葉亜紀(栃木県)▽まちづくり猪苗代社長賞=平塚雄蔵(郡山市)▽いなわしろフォトクラブ会長賞=猪狩守司(いわき市)▽福島民報社賞=星武秀(南会津町)▽県観光物産交流協会理事長賞=大島市郎(会津若松市)