福島と郡山、9月24日から基本対策 新型コロナ、まん延防止終了

 

 県は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い福島、郡山両市に適用していたまん延防止等重点措置を23日で終了した。24日からは感染拡大防止のための基本対策に移行する。

 両市の感染者数などが安定して低い水準にあるため、30日としていた期限を約1週間前倒しして終了した。両市では飲食店や大規模施設への営業時間短縮要請が解除され、飲食店に終日自粛を求めていた酒類の提供も可能になる。

 一方、感染対策の徹底や少人数・短時間での飲食、感染対策を徹底した飲食店の利用、県境をまたぐ不要不急の往来自粛などの基本対策は引き続き求める。

 いわき市の重点措置は30日まで継続する。