福島市、成人式は20歳を維持 式の名称は変更へ

 

 来年4月1日から民法上の成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる中、福島市は成人式の対象年齢を現状の20歳に維持する。開催日はこれまで通り「成人の日」(1月第2月曜日)前日の日曜で、「成人式」の名称は変更する。初の実施は改正民法施行後の2023年1月となる。

 22日の定例記者会見で木幡浩市長が発表した。維持した理由は、20歳の成人式が広く定着している上、18歳で実施すると大学受験や就職活動の時期と重なり負担が大きいことなどを考慮した。民法には成人式の規定はなく、実施年齢は自治体の判断に委ねられている。

 市によると、課題は18歳で成人となることを意識してもらうこと。木幡市長は、18歳の市民には広報などを通じてお祝いのメッセージや成人の自覚を発出していきたいとした。来年度のみ19歳の人にも祝いのメッセージを出す予定。