伝統小豆を和菓子に 三和ふれあい市場で「ぼだもぢ」販売

 
販売している「ぼだもぢ」

 いわき市三和地区の伝統野菜・小豆「むすめきたか」を使った和菓子「ぼだもぢ」が、同市三和町の直売所三和ふれあい市場で販売されている。地域振興に取り組む菊田清貴さん(54)と同地区の主婦5人が考案した。

 名産品を作ろうと企画しており、まんじゅうに続く3作目となった。今回は、秋の彼岸に合わせたぼたもちを考案した。むすめきたかを使ったなめらかで優しい甘さの手作りこしあんと、つぶさずに丸めたことで柔らかな粒感が楽しめる同地区産のもち米が好評を得ている。

 商品名の「ぼだもぢ」は、同地区の住民のなまりにならって親しみを込めた。菊田さんは「私たちが作った手作りのあんこのおいしさを楽しんでほしい」と話している。

 3個入り300円、5個入り500円で販売している。同市場で毎週土曜、日曜日の販売を目標としている。

 問い合わせは同市場(電話0246・97・3566)へ。