高速バスの到着時刻、正確に予測 会津バスが新サービス

 
現在地や到着予測時刻を確認できる画面のイメージ

 会津乗合自動車(会津バス、会津若松市)は25日、高速バスの到着時刻を正確に予測して乗客に知らせる新サービスを始める。混雑状況や天候などをリアルタイムで把握し、予測に反映できるのは珍しいという。

 乗客の利便性向上に向け海外の地理情報大手ヒア・テクノロジーズの技術を活用して導入。会津若松―郡山―いわき線と会津若松―仙台線でサービスを始め、路線を広げていく考えだ。

 到着予測時刻を確認できる専用のウェブサイトに接続するQRコードを座席の後背部に掲示する。乗客はスマートフォンなどを操作して降車予定のバス停を選ぶと、到着予想時刻やバスの現在地、運行ルートなどを確認できるという。