飯舘特産カボチャ、福岡の棚田で収穫 エフコープ生協

 
「いいたて雪っ娘かぼちゃ」を収穫した参加者=福岡県東峰村

 本県の風評払拭(ふっしょく)や農畜産物の普及に取り組んでいる「エフコープ生活協同組合」(福岡県篠栗町)は18日、2017年の九州豪雨で被災した福岡県東峰村の棚田で、6月から栽培してきた飯舘村特産のオリジナル品種カボチャ「いいたて雪っ娘かぼちゃ」を収穫した。

 東峰村の若手村民らでつくる「棚田まもり隊」と連携し、東日本大震災の復興応援として「いいたて雪っ娘」を栽培してきた。収穫したカボチャはイベントで使用するほか、エフコープ店舗などで販売し、収益の一部をこども食堂の支援資金などに活用する。