「伊達市防災アプリ」運用開始 気象や避難所開設情報を配信

 
運用が始まった「伊達市防災アプリ」

 伊達市は災害時に市民らへ迅速・的確な防災情報を伝えるため、スマートフォンに通知が届く「伊達市防災アプリ」を完成させ、運用を始めた。アプリストアから無料でダウンロードできる。

 22日に本格導入した。市内の水害や気象に関する情報をはじめ防災行政無線の内容、避難所開設などの防災・災害情報を配信する。通知エリアは伊達、梁川、保原、霊山、月舘の各地域から選ぶことができる。

 市の担当者は「市民に限らず、市外の家族らもダウンロードしてもらうことで、情報を共有してもらいたい。災害時には家族同士の避難の呼び掛けなどの見守りにつながる」としている。