地元食材の給食提案 喜多方高生とJC連携、キクイモの2品を開発

 
高校生が考えた「大地のあんかけかぼちゃ」(左)と「幸せのビンバビンバ」

 喜多方高生活部と会津喜多方青年会議所(JC)は、地元産のキクイモを使った創作料理「幸せのビンバビンバ」を小中学校の新たな給食メニューとして提案していく。両団体は、連携して地元食材を使った給食づくりを進めてきた。23日には試食会を開き、メンバーらが味や食感を確かめた。

 喜多方高生活部はこれまで、同市熱塩加納町の「夢の森花の散歩みち実行委員会」から地元で栽培するキクイモのことを教わるなどしてきた。2グループに分かれてさまざまな調理法を試した結果、生のキクイモやひき肉、ニンジンなどが入ったビビンバ「幸せのビンバビンバ」と、キクイモやカボチャ、白菜、厚揚げなどが入った「大地のあんかけかぼちゃ」の二つのレシピが完成した。

 23日に同校で開いた試食会では、開発メンバーがそれぞれのレシピの魅力を発表した。その後に同委員会、同校、学校給食の関係者ら9人が実食して料理を評価し、「幸せのビンバビンバ」を学校給食に提案するメニューに選んだ。同JCみらい創造委員会委員会の佐藤健太郎委員長は「どちらも素晴らしい料理だった。学校給食に採用されるよう提案していきたい」と話した。

 メニュー開発に関わった生活部3年の石山心南(みなみ)さんと小林佳奈さんは「キクイモの特徴を生かし、簡単な調理で作れるメニューにした。子どもたちには給食で食べてもらって笑顔になってほしい」と願っていた。