企画展「あはひのクニ あやかしのクニ」閉幕 福島県立博物館

 

 会津若松市の県立博物館で開かれていた企画展「あはひのクニ あやかしのクニ―ふくしま・東北の妖怪・幽霊・怪異」は26日、閉幕した。

 企画展は7月17日に開幕。本県などに伝わる妖怪や幽霊などの絵、人形、面などが展示された。会期中は展示替えも行われ、妖怪や幽霊にまつわる貴重な資料が多数紹介された。

 企画展に合わせた講演会やイベントなども企画された。「事故物件住みます芸人」の松原タニシさんのトークライブ、妖怪の本を出版している「妖怪博士」の中学生関本創(あらた)さん=会津美里町=と会津美術協会員が講師を務めたオリジナル妖怪を描くワークショップも人気を集めた。