詐欺防止、見守りで協定 福島県警とNTT東福島支店

 
協定書を交わした畠山支店長(右から3人目)と冨塚部長(同4人目)ら

 県警とNTT東日本福島支店は27日、「なりすまし詐欺」などの犯罪被害防止や子ども、女性の見守りなど「地域安全活動に関する協定」を締結した。10月1日に郡山市で出発式を行い、活動をスタートさせる。

 締結式は同日、福島市の県警本部で行われ、同支店の畠山良平支店長と県警の冨塚法雄生活安全部長が協定書を交わした。畠山支店長は「安全で安心な地域の実現に寄与したい」、冨塚部長は「各種犯罪の未然防止を図り、より安全で安心して暮らせる地域社会実現に取り組む」と述べた。

 協定は、社会貢献活動の一環としてNTT側が提案して実現。同支店は、保守業務などで客と接点が多い社員らが住民の元に戸別訪問する際、被害防止に向けた注意喚起を行うほか、防犯チラシも配布する。また、同社の車両約360台には「見守り活動実施中」と書かれたステッカーを貼って見守り活動を展開。県警は、犯罪の発生状況などの情報を随時提供する。