健康維持に玄米あまざけ 会津天宝醸造が健康医療アワード賞

 
表彰状を手に健康医療アワード賞を受けた「玄米オリザーノあまざけ」を紹介する満田社長(左)

 会津天宝醸造(会津若松市)が製造するノンアルコールの玄米発酵飲料「玄米オリザーノあまざけ」が、日本健康医療学会の健康医療アワードを受賞した。満田盛護(せいご)社長は「医学系の受賞は初。これを励みに、これからも健康維持に役立つ商品を作っていきたい」と話した。

 健康医療アワードは、同学会が疾病予防や健康の維持・増進に役立つ製品を推奨し、表彰するもの。26日に神奈川県鎌倉市で表彰式が行われた。

血糖改善や腸内良好に

 商品は会津天宝醸造と琉球大医学部の益崎裕章教授、県ハイテクプラザが共同開発した。同大での試験で玄米のぬかに含まれる「ガンマ―オリザノール」という成分が動物性脂肪の食べ過ぎを抑えるほか、高血糖の改善、腸内細菌の状態を良くすることが分かった。

 商品は同社ホームページから購入できる。ストレートと濃縮があり、いずれも10袋入りが2808円、30袋入りが7128円。問い合わせは同社(フリーダイヤル0120・340142)へ。