「あばれ山車」今年も中止 二本松、例大祭は2日間に短縮

 

 二本松市の針道あばれ山車実行委員会は26日、新型コロナウイルスの感染防止を踏まえ、10月10日に予定していた「針道のあばれ山車」を中止すると発表した。中止は2年連続。

 あばれ山車は、大型人形を載せた7台の山車が激しくぶつかり合う勇壮な祭りで、400年以上の伝統を誇る。昨年は大型人形の制作が見送られたが、今年は地域の伝統文化伝承のため、人気アニメ「鬼滅の刃」や「アンパンマン」のキャラクターなどを題材に制作。同9日に地区内を山車が練り歩く「町廻り」を行う。

 また、あばれ山車を含む同市針道の諏訪神社例大祭も通常3日間の会期を2日間に短縮し、同8日に前夜祭、9日に関係者のみで例大祭の式典を実施する。