ご当地キャラで貢献したい、白河に移住女性 イラストレーターに

 
「地域に根差したキャラクターをデザインしてみたい」と語る室井さん。イラストは室井さんがデザインしたキャラクター

 「地域に根ざしたキャラクターデザインしてみたい」と語るのは、白河市在住のイラストレーター室井早紀さん(25)。動画配信サイトなどで使われる「バーチャルユーチューバー(Vチューバー)」のキャラクターデザインなどを手掛けてきた。

 室井さんが主にデザインしているのは、コンピューターグラフィックス(CG)を利用した二次元、三次元のキャラクター。動画配信サイト「ユーチューブ」などで行われているライブ配信が人気で、Vチューバーと呼ばれる。Vチューバー事務所「LiVEX(ライブクロス)」のイメージキャラクターなど、これまで5人のキャラクターに命を吹き込んだ。

 「キャラクターデザインする時は、ファンが二次創作をしたくなるようなデザインを心掛け、イメージカラーを決めて、色がまとまるようにしている」と語る室井さん。デザインの元となるイラストは、完成したキャラクターが配信者の体の動きに合わせて動くことを前提に、CGソフトが反応しやすいようかき分けるなど、普通のイラストとは違うこだわりもあるという。

 室井さんは東京都出身で、陶芸を学ぶため地域おこし協力隊として県内に移住してきた。幼いころから絵を描いていたこともあり、会員制交流サイト(SNS)にイラストを投稿していたところ、キャラクターデザインなどの依頼を多く受けるようになり、今年7月からはイラストレーターとしての道を進むことにした。

 室井さんは「配信者と視聴者の距離感を近づけることができるようなキャラクターデザインし、今後はご当地キャラクターなどもデザインして地域に貢献したい」と今後の目標を語った。