伊達市長選、現職・須田氏が立候補正式表明 2022年1月投開票

 

 任期満了に伴い来年1月23日告示、同30日投開票で行われる伊達市長選で、現職の須田博行氏(63)=1期=は28日、立候補を正式表明した。同市で記者会見を開き「これまで取り組んできた働く場づくり、子育て支援、健康づくり、防災減災を確実に仕上げ、市民が安心して学び、生活できる伊達市をつくることが私の責務だ」と述べた。

 同市長選で立候補を表明したのは須田氏が初めて。市長選を巡っては、元福島市長の小林香氏(62)が立候補を検討している。ほかにも水面下で立候補を模索する動きがある。

 須田氏は伊達市梁川町出身。宇都宮大農学部卒。県農林水産部次長、農村計画課長、農林技術課長などを歴任し、2018(平成30)年の市長選で現新5人の戦いを制して初当選した。