東北病院、本宮市に100万円寄付 創立60周年で地域に感謝込め

 

 本宮市の東北病院は27日、医療や介護、福祉の充実に役立ててもらおうと、同市に100万円を寄付した。

 同病院は1960(昭和35)年2月に精神科病院として開設された。昨年、創立60周年を迎えたことから、地域への感謝を込めて寄付を決めた。

 贈呈式が市役所で行われ、落合紳一郎理事長・院長が「60年続けてこられたのは地域の支えがあったから。市民の健康のために活用してもらいたい」と高松義行市長に目録を手渡した。高松市長が謝辞を述べた。落合良二理事が同席した。