郡山で比女性殺害疑い34歳男逮捕 容疑を否認、交際のもつれか

 

 郡山市安積町のアパートで、フィリピン国籍の会社員女性が遺体で見つかった事件で、郡山署は30日午前7時ごろ、殺人の疑いで同市、建設作業員安住亮吾容疑者(34)を逮捕した。

 逮捕容疑は7月15日ごろ、同市安積町のアパートで会社員アゴノイ・ルビー・ベルヘルさん=当時(32)=の首を絞めて殺害した疑い。県警によると、安住容疑者は容疑を否認しているという。

 現場のアパートは安住容疑者が名義人となっているアゴノイさんの自宅。安住容疑者とアゴノイさんは交際しており、同居を解消する事件の少し前まで一緒に住んでいた。2人は同系列の別の会社に勤め、除染作業に従事していた。安住容疑者がアパートの管理人に「アゴノイさんと連絡が取れない」と安否確認を依頼。7月18日に管理人が室内を確認したところ、アゴノイさんの遺体を発見した。

 同署と県警捜査1課は、アゴノイさんの交友関係を中心に捜査していた。同署は交際トラブルが事件につながった可能性もあるとみて、動機や経緯などを調べている。