アクアマリン2カ月ぶり再開 いわき、まん延防止解除

 
約2カ月ぶりに再開したアクアマリンふくしまで、ゴマフアザラシに手を振る来館者

 いわき市で9月30日でまん延防止等重点措置が解除され、休業していた市内の施設や飲食店が1日から営業を再開した。8月8日から重点措置が適用され、県内で唯一残った重点措置地域だった同市。基本的な感染防止対策を取りながらの日常が徐々に動きだした。

 約2カ月ぶりに再開した同市小名浜のアクアマリンふくしまには、地元の子どもたちの笑顔が広がった。休館中には、生き物を入れ替えて展示内容の充実を図り、再開に備えてきた。エイの仲間で準絶滅危惧種の深海魚「ドブカスベ」や、1年半ぶりに「メヒカリ」を展示する生き物に加えた。

 公務員の女性(39)は長女(4)ら家族4人で訪れた。女性は「コロナ禍で出掛けられない状況が続いていた。子どもたちに元気な生き物の様子を見せられて良かった」と話した。