浪江町と米ランカスター市、水素共同研究宣言 世界初自治体間連携

 
宣言書に調印した吉田町長(右)とパリス市長=浪江町

 浪江町と米国カリフォルニア州ランカスター市は1日、再生可能エネルギー由来のグリーン水素の利活用を共同して進める「パートナーシップ宣言」に調印した。両自治体は、水素関連の研究開発などで協力し合うとともに、理念に共鳴して水素による脱炭素化を図る官民の組織とネットワークをつくる。水素社会実現に向けた自治体間連携は世界初で、地球温暖化の解決に向けた先進的な役割が期待されている。

 ランカスター市は、米国で屈指の再エネ導入実績を誇り、昨年11月には全米初の「水素宣言都市」を表明した。

 一方、浪江町は世界最大級の水素製造拠点「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」が昨年3月に開所し、水素を軸にした震災復興とまちづくりが進められている。連携は、浪江町の取り組みを知ったランカスター市が昨年10月に申し入れた。

 調印式は浪江町とランカスター市をオンラインで結んで行われた。吉田数博町長は「浪江とランカスターが知見を共有し、世界に先駆けて水素利活用をリードしていきたい」と述べ、レックス・パリス市長は「水素社会実現というわれわれに共通する意思で地球を救おう」と語った。

 宣言に基づく第1弾の取り組みとして両自治体は、4日に経産省主催で開かれるオンラインの「水素閣僚会議」に出席する。会議の目的は国際的な水素利活用の推進で、吉田町長らは水素社会実現に向けた連携拡大を呼び掛ける。