何だあれ?...ビックリ「空飛ぶトイレ」 関和設備の看板話題に

 
飯野町で話題となっている「空飛ぶトイレ」

 福島市飯野町で"空飛ぶトイレ"が話題を集めている。水道設備業を手掛ける「関和設備」の看板の上部に洋式トイレの便器が設置されており、太陽光パネルで発電された電力を使って回転する仕組みも備わっている。

 町内で6月に「国際未確認飛行物体研究所(通称・UFO研究所)」が開所したことがきっかけとなり、UFOでまちおこしに取り組む町内をさらに盛り上げようと、元々あった看板を修理して刷新した。

 同社の関周司社長は「通り掛かりの人に『何だあれ』と驚いてもらったり、笑ったりしてもらえたらうれしい」と話した。