47人が決意の手形 アルツ磐梯で星野リゾート入社式

 
社会人としての心構えを固めた新入社員

 磐梯町の磐梯山温泉ホテルやアルツ磐梯などを運営する星野リゾート(長野県)は4日、アルツ磐梯で入社式を行い、10月入社の47人が決意の手形で社会人としての心構えを固めた。海外留学やボランティア活動など自己の資質を磨いてから入社できるようにと4、6、10、2月から入社時期を選べる。本年度は267人が入社予定。10月入社の社員は1日から同ホテルで研修に臨んだ。

 式は手形で契りを残す「契りの会」という形で行われ、星野佳路代表がオンラインで「信頼の置けるチームメートとして互いに助け合える関係を築いていこう」とあいさつした。新入社員がチームごとに入社の決意を川柳で表現し、白い布に手形を押した。