「県民割プラス」始まる 福島県、クーポンのトラブル全て解消

 

 県民が県内の旅館やホテルに宿泊する際の費用の一部を補助する「県民割プラス」が4日、始まった。県によると、宿泊予約を済ませた客が一時、割引クーポンが発行できない事態はこれまでに47施設で確認されたが、全て解消したという。

 県は3日夜、対象となる全ての宿泊施設に通知を出し、改めて仕組みを通知した。国と県から配分される予算のうち県負担分が底を突いたことが要因の一つだったことから、割り当てられている予算の上限額までは国、県にかかわらず柔軟に予算を使えるよう制度を見直しており、今後は割引クーポンの発行が止まる前に調整するとしている。