樹上の景色「おもしろい」 田村でツリークライミング魅力体験

 
ツリークライミングを楽しむ子どもたち

 ツリークライミング体験会は3日、田村市船引町の片曽根山森林公園で開かれ、子どもたちが木登りを楽しんだ。船引公民館の主催。

 県森林環境交付金事業の一環で、小学生親子ら18人が参加した。ツリークライミングクラブどんぐりの芽のスタッフの指導を受けながら、専用のロープを使って木の上を目指した。

 体験会に運営役で加わった、田村市の渡辺めいさん(船引小5年)は昨年、ツリークライミングジャパンから「TCJジュニアツリークライマー」の認定を受けた。東北地方では初。

 同資格は、10回以上のツリークライミング体験や、課題作文審査などを通して認定される。体験会などで実演することができ、ツリークライミングの魅力発信役を担う。渡辺さんは「ツリークライミングは周りの景色を高いところから見ることができておもしろい。みんなに楽しんでもらいたい」と話している。