滑川神社「浦安の舞」 須賀川の小学生4人、例大祭で踊り奉納

 
鈴を手に浦安の舞を披露する児童ら

 滑川神社例大祭で柏城小児童が奉納 須賀川市の滑川神社は3日、同神社で秋季例大祭を開いた。神社近くの柏城小の6年生4人が、同神社で約30年踊り継がれている「浦安の舞」を奉納した。

 同校の緑川こはるさん、有馬百恵さん、根本恋羽(こはね)さん、土屋碧(あおい)さんの4人が扇と鈴を手に練習を重ねてきた舞を披露した。根本さんは「練習では間違えていたところも本番では上手に踊れた。今まで頑張ってきた成果を出せた」と笑顔を見せた。

 新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、祭りは参加者を神社関係者や地元住民に限るなど防止対策を講じて実施した。