艶やか会津東山芸妓さん! 若松で大撮影会、作品はPR素材に

 
参加者がさまざまな構図で会津東山芸妓を撮影した

 あいづ芸妓(げいぎ)振興友の会は3日、会津若松市の割烹「萬花楼」で、「あいづ芸妓大撮影会」を開いた。会津東山芸妓がモデルとなり、参加者がさまざまな角度からベストショットを狙った。

 会津東山芸妓の支援を目的に開催した。参加者が撮った写真は同会に提供され、フリー素材として同会が管理しPRに活用する。二部構成で行われ、計34人が参加した。芸妓3人は傘を持ちながら踊るなどして、さまざまなポーズを披露した。

 撮影会で撮った写真を対象にしたフォトコンテストも実施し、作品は同市の会津若松商工会議所ロビーに展示する。

 参加した喜多方市の中学生佐藤ひよりさんは「カメラの練習にと思って参加した。きれいな芸妓さんをいろいろな構図で撮影ができてよかった」と話した。