「西会津の郷土料理」いつでも 町がレシピ集作成 全世帯に配布

 
町が発行したレシピ集

 西会津町は町の伝統料理を紹介する冊子「西会津の郷土料理」をまとめ、4日までに町内全世帯に配布した。

 冊子はA4判、20ページに22品が納められている。冠婚葬祭や年中行事には欠かせない「こづゆ」のレシピをはじめ「西会津ならでは」の章では保存性の良い干物のニシンの山椒漬け、棒タラ煮、サメの煮付け、「雪深い冬に備えて」の章では保存食などそれぞれの写真とレシピを掲載している。町食生活改善推進員と健康増進課、生涯学習課の協働でまとめた。

 地域の伝統料理が廃れゆく中、編集に携わった関係者は「郷土料理を継承する機会が減り、作れない人が増えている。特に若い世代への食文化の継承と郷土料理の魅力の再発見になれば」と語り、「まず、作り、食べて、保存・継承をする機運が高まることを望みたい」と期待を寄せている。