内堀知事、医療や検査拡充訴え 知事会と日医、コロナ第6波備え

 
オンラインで意見交換する内堀知事

 全国知事会と日本医師会(日医)は5日、新型コロナウイルス感染症流行「第6波」への備えに関し、オンラインで意見交換した。緊急事態宣言は解除されたが、今後の感染再拡大を防ぐため、マスク着用など感染防止策の徹底を呼び掛けていくことで一致した。

 内堀雅雄知事は新型コロナウイルス緊急対策本部長代行として意見交換会に出席した。感染の第5波が収まりつつある段階で〈1〉さらなる診療体制、検査体制の拡充〈2〉感染拡大時の病床確保、宿泊療養施設や臨時医療施設への支援〈3〉自宅療養時の診療体制の強化―の3点について医師会と連携し、準備する必要性を訴えた。

 内堀知事は「第5波は想定よりも大きな波となり、自宅療養される方も多く出た。大規模な医療機関のみならず、地域の医療機関が立ち上がり協力してくれたことで、ある程度収めることができた。今後も連携を強めていきたい」と述べた。本県の状況については「県医師会と県、福島医大などが関係をより強固なものにしている。日ごろの連携があってこそ、いざというときに一緒に力を合わせることができる」と述べた。