「世の中を明るく」どじょうすくい踊り 福島の赤間さん冊子制作

 
冊子を制作した赤間さん

 福島市でどじょうすくい男踊りを教えている赤間利晴さん(82)は、踊り方をまとめた冊子を制作した。「踊りを通じて世の中を明るく元気にしたい」と話している。

 赤間さんは彗茜(すいせん)流どじょうすくい男踊り塾の塾長を務めている。約30ページの冊子では、腕や足の動かし方などを文章で詳しく紹介。踊りを物語風に紹介する約10ページの冊子も制作した。

 県立図書館や市立図書館、杉妻学習センターに寄贈した。問い合わせは赤間さん(電話024・546・3097)へ。