双葉の復興拠点避難指示解除、2022年6月以降に

 

 双葉町の伊沢史朗町長は7日、東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域のうち、人が住めるように整備する特定復興再生拠点区域(復興拠点)全域の避難指示解除について、早くても来年6月にずれ込む見通しを示した。いわき市で開かれた町議会全員協議会で明かした。

 町は当初、来年春ごろの避難指示解除を目標としてた。上下水道をはじめとするインフラ復旧に遅れが生じていることなどから、町民が安全に、安心して帰還できる環境を整備するため、解除の目標時期を見直した。避難指示の解除を判断するための準備宿泊については、早ければ来年1月に始めるとの目標を維持した。