郡山・蛇石さんグランプリ 二本松、洋菊ガーデニングコンテスト

 
グランプリに輝いた蛇石さんの作品

 二本松市観光連盟は1日、同市の霞ケ城公園で、洋菊(マム)を使った作品を競う「マムのガーデニングコンテスト」のうち、壁などにぶら下げるつりかごなどに植えた「ハンギングバスケット」部門の審査会を開いた。グランプリには蛇石由美子さん(郡山市)の「静かな秋」が輝いた。

 コンテストは、和菊とは違った菊の魅力と新たな楽しみ方を紹介しようと初めて、同公園で1日に開幕した霞ケ城公園菊花展と同時開催。同部門と、プランターなどに寄せ植えするコンテナ部門で作品を募集した。ハンギングバスケットの作品は23日まで、菊花展会場に展示されている。

 入賞作品は、会長の三保恵一市長や、日本ハンギングバスケット協会ハンギングバスケットマスターの石井久美子さんらが選んだ。

 コンテナ部門は24日~11月14日に展示する。菊花展は午前9時~午後4時。高校生以上に500円の協力金をお願いしている。問い合わせは同連盟(電話0243・55・5122)へ。

 グランプリ以外の入賞者次の通り。

 準グランプリ=大久保アサエ(いわき市)▽入賞=大平広恵、北村泰恵、相田祥子、小林明美、平山あや子(いわき市)鈴木美砂子、今福正和(二本松市)