「産業博」8日オンラインで開幕 郡山、60社の製品など発信

 
オンラインのブースのイメージ

 郡山市の産業が一堂に集う総合見本市「こおりやま産業博」は8日、オンラインで2年ぶりに開幕する。来年3月末まで約60社の製品や企業理念、技術力の高さを発信し、各産業の魅力を広くPRする。

 市内の子どもや学生の文化活動、卒業制作などを動画配信する「こおりやまオンライン文化祭」なども同時開催し、新型コロナウイルス感染拡大で失われた発表の機会にもつなげる。

 産業博は市、郡山商工会議所、JA福島さくら、郡山地区商工会広域協議会でつくる実行委の主催。9、10の両日にビッグパレットふくしまで実際の展示も予定していたが、感染の再拡大を受けてオンライン展示に一本化した。

 「こおりやま産業博」の特設ホームページから閲覧できる。問い合わせは事務局の郡山商工会議所(電話024・921・2620)へ。