福島県、230日ぶり新規感染者ゼロ 新型コロナ、病床使用3.8%

 

 県は9日、県内で新たな新型コロナウイルスの感染は確認されなかったと発表した。8日に706件のPCR検査が行われ、全て陰性だった。新規感染者がゼロとなったのは2月20日以来、230日ぶり。

 8日現在の入院者数は重症4人を含む24人で、病床使用率は3.8%。2人が宿泊療養している。同日までに3人が退院し、1人が宿泊療養施設を退所、1人の自宅療養が解除された。感染状況を示す7指標は、病床使用率をはじめ全てステージ2(感染者の漸増)以下の水準。県は感染が落ち着いた傾向にあるものの、秋の観光シーズンを迎え、県全域で実施している基本対策の徹底を求めている。

 ■福島県内の新型コロナウイルス発生状況(福島県HP)