浜街道トレイル歩いて広報 「新地→いわき」なすびさん出発

 
釣師防災緑地公園を出発するなすびさん

 新地町からいわき市を結ぶうつくしま浜街道トレイルの知名度向上に向け、タレントのなすびさん(福島市出身)は10日、全行程の踏破を目指して新地町を出発した。なすびさんはいわき市まで歩き、会員制交流サイト(SNS)で沿道の魅力などを発信する予定。

 うつくしま浜街道トレイルは、浜通り各市町村の商工団体などでつくるうつくしま浜街道観光推進会議が昨年度、仮ルートを決定した。全長約205キロで、JR双葉駅から大野駅間では列車を利用する。同会議は将来的に、環境省が青森県八戸市から相馬市に整備した総距離1025キロの東北太平洋自然歩道(愛称・みちのく潮風トレイル)との接続を目指している。

 出発式は新地町の釣師防災緑地公園で行われ、同会議の議長を務める井上直美いわき観光まちづくりビューロー会長、新地町の岡崎利光副町長らがなすびさんを激励した。なすびさんは「多くの人によって歩き続けられる道になってほしい。たくさんの人に知っていただけるよう発信したい」と意気込みを示した。

 続いて関係者が見守る中、なすびさんは、初日の目的地となる鹿狼山(新地町)に向けて歩き出した。