〔ふくしま紅葉だより〕雄国沼、雄国山 誘う秋色

 
赤、黄色に色づき始めた雄国山の紅葉

 北塩原村の雄国沼や雄国山の木々の葉などが色づき始め、観光客が美しい紅葉を楽しんでいる。

 雄国沼や雄国山は「磐梯朝日国立公園」の中にあり、280種類以上の植物が自生している。紅葉の時期は赤や黄色に色づいたヤマモミジ、ウルシ、ミズナラなどを見ることができる。50年以上雄国沼の管理などをしている県自然保護指導員の山口恒憲さんによると、20日ごろまで紅葉を楽しめるという。