ようやく実現 柳津町2年度分の成人式 故郷貢献できる社会人に

 
本年度の成人式を終え記念撮影に臨む出席者

 柳津町は10日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期していた成人式をやないづふれあい館で行い、関係者が昨年度の32人、本年度の34人の成人を祝った。

 当初はお盆に実施する予定だった式は、午前に昨年度、午後に本年度と分けて行った。昨年度にオンラインを含め16人、本年度に15人が出席し、小林功町長らから祝福を受けた。

 新成人代表の鈴木優杏(ゆりあ)さん(昨年度)、二瓶暢広(のぶひろ)さん(本年度)がそれぞれ成人証書を受けた。渡辺一輝さん(昨年度)、杉原つかささん(本年度)が「故郷のために貢献できる社会人として、一人一人が成長していくことを約束する」とそれぞれ宣誓した。

 ピアノとバイオリンのユニット「スギテツ」が記念演奏し、式に花を添えた。