陸前高田産の海産物使いラーメン 喜多方で10月16日から販売

 
開発したラーメン

 喜多方市ふるさと振興は岩手県陸前高田市産の海産物を使ったメニューを開発した。16日から、喜多方市のふるさと亭で販売する。

 東日本大震災から10年を節目に東北地方や本県を応援しようと、陸前高田市にある道の駅高田松原と企画。ふるさと振興が運営するふるさと亭で人気の会津地鶏塩ラーメンを基本に本県産のアオサと陸前高田市産のカキ、茎ワカメのわさび漬けを使用した。

 ふるさと振興の長谷川義紀総料理長は「癖がなく口当たりが柔らかい味付けになっている」とPRしている。850円。問い合わせはふるさと振興(電話0241・21・1139)へ。