南相馬市、成人式にワクチン接種済証必要 国の基準で予定通り

 

 南相馬市は、11月23日の市成人式について、新成人に新型コロナウイルスワクチンの2回接種済証か検査の陰性証明の提示を求めた上で、予定通り実施することを決めた。政府の「ワクチン接種・検査パッケージ」に基づく対応で、マスク着用などを組み合わせた感染防止対策を講じる。

 市教委によると、本年の対象者は616人。会場となる同市原町区のゆめはっとには、来賓を除き、証明書を提示した新成人のみの入場を認める。希望する新成人に対しては、無料のPCR検査を11月20~22日に実施する。市の担当者は「初めての試みなので、今後ホームページなどを活用し、来場者へのさらなる周知徹底を図りたい」としている。同市の成人式は、全国的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、1月から延期となっていた。