県産食材を使った料理に挑戦! 講師は「ふくしま応援シェフ」

 
講師を務めた滝田シェフ

 県産食材を使った料理教室「おうちでふくしまグルメ旅!」が9日、オンラインで開かれた。参加者は県産食材の消費拡大に協力する「ふくしま応援シェフ」が考えた料理に挑戦した。県の主催。

 「新しい生活様式」に対応し、県産品の魅力を伝えるために昨年度からオンライン形式で開催している。本年度は計4回開かれる。

 初回は料理研究家の滝田勉シェフ(郡山市)が講師を務めた。調理の様子は福島市の県観光物産館から配信された。参加者は滝田さんの解説を聞きながら、健康と美容をテーマとした「阿武隈川メイプルサーモンとタルタル」と「納豆もち麦サラダ」を作った。

 次回は11月13日に東京都の日本橋ふくしま館から配信され、野﨑洋光シェフ(分とく山総料理長)が講師を務める予定。