幸福度いわき、住み続けたい街に須賀川 大東建託、居住満足度調査

 

 大東建託(東京都)は20日、居住満足度調査に基づく「いい部屋ネット 街の幸福度&住み続けたい街ランキング2021」を発表した。県内の順位をみると、いわき市が「街の幸福度」で偏差値66・6、須賀川市が「住み続けたい街」で偏差値63・3となり、それぞれの部門1位となった。

 同社は2019年から毎年春に本県の居住満足度調査を行っており、県内在住の20歳以上の男女計5700人から回答を得た。設問は計60項目。今回はこのうち「街の幸福度」「住み続けたい街」の2項目に特化し、回答者50人以上で偏差値50以上の自治体の順位をまとめた。

 「街の幸福度」は家族関係や仕事の満足度、結婚や子どもの有無といった個人的事情の影響が大きく、地域や建物、行政サービスなどの外部要因の占める割合が小さい傾向にあるため、「上位の街に幸福度の高い人が多い理由は分からない」とした。

 一方、「住み続けたい街」は街への誇りや愛着が関係しており、須賀川市はウルトラマンの街や祭りなどが背景にあると推察した。