新商品「酪王カフェオレプリン」 25日からベニマルで先行販売

 
「酪王カフェオレプリン」をPRする鈴木社長(左)ら

 酪王協同乳業(本宮市)は11月1日、新商品「酪王カフェオレプリン」を発売する。今月25日からヨークベニマル全店舗で先行販売する。旧酪王乳業と旧東北協同乳業が今月1日に合併し、新会社が設立されてから初めての新商品となる。

 酪王協同乳業によると、人気商品「酪王カフェオレ」の香りや風味を生かし、滑らかな舌触りのプリンに仕上げた。四角い底のカップを使用することで牛乳パックを連想させるデザインにしたという。1個80グラムで希望小売価格は149円。東日本を中心にスーパーやコンビニ、直売所などで販売する。来年2月までで約30万個の販売を目指す。

 同社は21日、本社で新商品発表会を開いた。鈴木伸洋社長は「旧酪王乳業のカフェオレと旧東北協同乳業のプリンの製造技術を合わせた商品。多くの人に味わってもらい、幸せを届けたい」と話した。