34歳男を殺人罪で起訴 郡山の比女性殺害事件

 

 郡山市安積町のアパートで、フィリピン国籍の女性が遺体で見つかった事件で、地検郡山支部は21日、殺人の罪で同市朝日、建設作業員安住亮吾容疑者(34)を起訴した。裁判員裁判で審理される。地検は認否を明らかにしていないが、捜査関係者によると、安住被告は否認しているという。

 起訴状によると、安住被告は7月15日午前3時54分~同4時45分の間、アパート室内で、フィリピン国籍で会社員アゴノイ・ルビー・ベルヘルさん=当時(32)=の首を何らかの方法で圧迫して殺害した、としている。捜査関係者によると、付近の防犯カメラの映像などから、殺害されたとみられる時間帯を特定したという。安住被告とアゴノイさんは交際し、事件の少し前までアパートで同居していた。