アンパンマンに会えるよ 「やなせたかしの世界」郡山で23日開幕

 
開幕に向けて準備が進む会場=21日午前、郡山市立美術館

 人気キャラクター「アンパンマン」の生みの親、やなせたかしさん(1919~2013年)の多彩な創作活動に迫る企画展「やなせたかしの世界―愛と抒情(じょじょう) アンパンマンを生んだひと」は23日、郡山市立美術館で始まる。同美術館、福島中央テレビ、福島民友新聞社でつくる実行委の主催。

 開幕が近づいた21日、同美術館では展示の最終作業が行われ、来場者を迎える準備が整った。

 やなせさんは漫画家、詩人、イラストレーター、絵本作家などとして幅広く活躍し、人間愛にあふれる温かい作品を多く残した。企画展では代表的な絵本原画をはじめ、長く編集長を務めた雑誌の表紙原画、アンパンマンを主題にした作品など約200点を展示する。会期は12月26日まで。

 時間は午前9時30分~午後5時(最終入館は同4時30分)。観覧料は一般千円、高校・大学生・65歳以上700円、中学生以下、障害者手帳を持っている人は無料。問い合わせは福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334、平日午前10時~午後5時)へ。