ボート競技の楽しさを体感 明治安田生命ボート部元選手ら指導

 
明治安田生命ボート部の元選手からアドバイスを受ける参加者(左)

 県内の児童らが24日、喜多方市の県営荻野漕艇場でボート競技の楽しさや魅力を体感した。

 ふくしまスポーツキッズ発掘事業の一環で、小学3~6年生計約30人が参加した。全国大会で優勝経験のある明治安田生命ボート部元選手の長崎哲也さん、領木暦さんらが講師を務め、「バーを引くときは体を大きく使うことが大事」などとアドバイスした。

 児童はボートマシンのトレーニングや、実際に水上でボートをこいで競技を体験。参加した福島市の安斎惺瑛さん(蓬莱東小4年)は「力を入れてバーを引くのが楽しかった。またやってみたい」と笑顔だった。