衆院選ににらみ...だるまで棄権防止、投票呼び掛け 白河でPR

 
投票を呼び掛ける選挙だるま

 県選管県南地方事務局は衆院選が公示された19日、白河市の県白河合同庁舎1階エレベーターホールに投票を呼び掛ける「選挙だるま」を設置した。

 だるまは縦約80センチ、横約60センチで、「棄権しないで投票しましょう」の文字がデザインされている。

 同事務局長の沖野浩之県南地方振興局長、事務局職員らがだるまを設置した。沖野局長は「明るい選挙の実現と投票率向上のため、棄権せずに大切な1票をお願いします」と呼び掛けた。