富岡町と日大工学部が復興へ協定 まちづくりのノウハウ活用

 
協定書を交わす山本町長(右)と岩城所長

 富岡町は26日、日大工学部と復興に関する連携協定を締結した。日大工学部に蓄積された安全で安心な都市づくりのノウハウを活用し、JR富岡駅前のにぎわい創出や町のシンボルの桜を生かしたまちづくりが進むことが期待される。

 締結式は町役場で行われ、山本育男町長と同大工学研究所の岩城一郎所長が協定書を交わした。山本町長は「学生の斬新で大胆な発想に期待している」とあいさつした。岩城所長は「震災からの復興と発展に寄与することを約束する」と述べた。

 協定により、富岡町では、同大が研究を進める健康で持続的な生活環境を可能にする工学「ロハス工学」の導入や、小型無人機(ドローン)を活用したイノシシの個体数の把握なども行われる。